七五三、お子様が着物を着てくれるか心配なママへ①

最終更新: 2020年9月2日

コロナウィルスの影響でスロースタートだった2020年秋の七五三のご予約。

ようやく少しずつ例年の予約数に追いついてきました。

このころになると必ずご相談される内容が、

「我が子が嫌がらずにお着物を着てくれるか心配です!」というもの。


お着物を泣かずに着てくれるかどうかに、性別はあまり関係ありません。

年齢も。

どちらかというと、その子の個性によるものの場合が多いように思います。


お子様のことを一番知っているママが

「うちの子心配です」

というなら、きっとその勘は正しくて、

新しいことや慣れない事柄に敏感だったり、緊張しやすいお子様なんだと思います。


そこで、毎年約300組のこどもたちと接してきたうえでお話できるアドバイスを何回かに分けてお伝えしていきます。


まず、お子様にとって『着物』や『七五三』が”慣れない初めてのこと”ではなくなるようにしていってほしいんです。

スタートは、お着物を選ぶとき。

ぜひお子様も一緒に着物レンタルサイトのページやフォトスタジオの写真なんかを一緒に見ながら


「ピンクかわいいね~」

「〇〇ちゃんには赤が似合いそうだね」

「こっちの模様もかっこいいね」

とたくさんお話してほしいと思います。


その際、お子様のセンスに批判はせず、

「それもいいね。ママはこっちも好きだな。パパはどれが好きかなぁ」

と、お子様の前向きな気持ちをひきだしてあげてくださいね。


そして、三歳(五歳)になったらみんなこの特別な日本のお姫様(お殿様)のお洋服を着て、神様にごあいさつに行くんだよ。

と教えてあげてくださいね。


すでにお着物が決定している場合や、お手持ちのお着物を使う場合にも、そういうサイトを一緒に見ておくことで、

ほかのお友達もみんなこういう特別なお洋服を着るんだな、と納得してイメージしやすくなると思います。


次回もう少しこのお話をしていきますね!


@赤坂日枝神社


28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示